2016年7月アーカイブ

美原の家・断熱材

             午後3時過ぎ、綺麗な青空~             
DSCN7182.JPG             2階、断熱材の施工が始まりました。

DSCN7191.JPG屋根の断熱材工事の前に、この 「通気くん」を屋根タルキの間にはめ込んでいきます。
通気くんは、屋根下地と屋根の断熱材の間に入れるスペーサーで、屋根の通気層を確保します。
屋根から伝わってくる熱は、この通気くんを抜けて、屋根換気口から、排熱される仕組みです。
ダンボール素材なので、透湿性があり湿気の排出を妨げない優れものなんです(^・^)

DSCN7190.JPGDSCN7189.JPG
             ちょっと遠くの空が怪しげに‥‥
             この後、雨が~!!
N7242.JPG
              屋根、瓦工事の準備、板金類(水切り)を取り付けてます。
              瓦桟には溝が掘ってあるので、もし雨が侵入しても、水が溜まりにくく、
              屋根材が腐食しにくい施工となっています。万が一、瓦の裏側に雨水が浸入しても、
              瓦桟の凹みから軒先の水切りに流れ、雨樋に流れていくしくみになってます(^・^)
              
DSCN7201.JPG
            雨の後、もわぁ~んとした空気が‥‥暑い!全然、涼しくならない!
潤っている緑を眺めて癒される~
DSCN7219.JPG
N7212.JPGDS222.JPG

私が!夢中に!

                                        昨夜、君島食堂OPEN!
             一押しメニューは、ドミノ倒し(^・^)
            こうして並んでいる姿が可愛い~パクッと食べたくなる‥なんて(^_^.)
D7156.JPG             お子さまに人気NO.1のドミノ!
             私も夢中になってしまいました!途中、私の指が邪魔をし倒してしまったり‥‥
DN7155.JPG
何度も立て直して!!!
パタパタパタ~と倒れていく瞬間が最高なんです☆☆
 ご来店ありがとうございました。また遊びに来てくださいね

CN7157.JPG

増さんの家・すのこ

             すのこ、造ってます!
             吹き抜けにあるキャットウォークにすのこです。
CN7128.JPG
             1階から見上げるとこんな感じ~
N7127.JPG
            大工さん、1本1本の加工が大変ですが、がんばってます(^・^)

CN7137.JPG

江曽島のいえ・通気

             外壁材と壁との間に通気用の空間をあけるために設置される下地材の施工中です。DSCN7108.JPG             これが通気胴縁です!DSCN7110.JPG             天井の下地張りが完了!CN7107.JPG             ユニットバスの施工も完了!
             着々と進行中の現場です(^・^)
N7106.JPG

まだまだ続きます!

            のら3号!4号!トラ親子!CN7101.JPG             のら5号のクロ!CN7099.JPG             のら6号はミミ!この子がいちばん好きです❤
             我が家の敷地内にやってくる猫・ねこ・ネコ!!!
             まだまだ、いるんです(^_^;)
CN6927.JPG

増さんの家・スッキリ

             足場が外されましたよ~(^・^)
             スッキリです!
DSCN7088.JPGDSCN7094.JPG
階段まわりの壁下地がまだ終っていませんが‥‥
DSCN7068.JPG
             パテかけが始まりました。
             1階はこの後、ドイツ製のKOBAU紙下地をはり、ミルクの香りのする(^・^)
             100%天然素材の塗り壁材(ドイツ本漆喰)で仕上げていきます。
DSCN7066.JPG

西の宮のいえ・基礎全景

             型枠が外され基礎工事が完了です。DSCN7075.JPG             ピンと立っているアンカーボルト、見ていて気持ちが良いです。
             背筋を伸ばしてシャキッと!!そんな感じ(^・^)
             この棒(アンカーボルト)柱が土台や梁から抜けるのを防ぐために、とっても重要な補強金物です。
             見えなくなってしまいますが、しっかりと!お家を地震や台風から守ってくれるんです。
DN7073.JPG

             仲良く並んで寝るのもいいけど‥‥
             そこ!ハーブが植えてある鉢なんですけど!
N7051.JPG             土鍋ねこ(=^・^=)なら許すけど、鉢ねこは許せん!
             でも、怒れないんですよね~気持ち良さそうにしている姿をみたら(^・^)
CN7060.JPGN6969.JPG

増さんの家・階段

            階段の施工がもう少し!
            材料は、杉の集成材です。
DSCN7062.JPGDSCN7063.JPG

江曽島のいえ・屋根

            屋根工事が終りました(雪止めが後日つきます)
            シャープな陰影のガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きです。
            金属は直射光を浴びて熱くなるというイメージがありますが、
            壁にも使われているガルバリウム鋼板はトタン等と比較して抜群の耐久性だけでなく、
            赤外線の反射にも優れています。
            断熱や通気の仕様とあわせて夏の暑さを和らげます。
            
N7043.JPGN7041.JPG
             サッシ(窓)の取り付けも完了~!
             着々と進行中です(^・^)
N7040.JPG

美原の家・躯体検査

         弊社では、瑕疵担保責任保険である日本住宅保証検査機構の「JIOわが家の保険」に加入しています。
         ☆住宅瑕疵担保責任保険
         新築住宅を供給する事業者には、住宅のお引き渡しから10年間の瑕疵保証責任が
         義務付けられています。          inspection_img01.png

             保険の対象となる部分は、

             下のイラストで紹介している「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を

             防止する部分」が対象となります。

ho6_img_03.gif
      

       保険をつける基準を満たしている住宅であるかを確認するため、JIOが基礎や躯体の検査を行います。

DSCN7019.JPG
            
             ここで作成される「検査報告書」には各検査ごとのチェックシートと記録写真が添付されますので、
             施工の途中経過を残しておく資料にもなります。
             また第三者が検査をすることで、お客様が安心して施工を任せることができます。 
             申請図面と照らし合わせながら規定とおりの金物がはいっているか、
             金物のビスの本数まで、しっかりチェックしています。
             もちろん合格です(^・^)
D7005.JPG
           大きな開口部がサッシ(窓)が取り付けられる場所です。 DN6999.JPG             外壁の下地となる透湿防水シートが施工されました。
             瑕疵担保保険責任の対象となる雨水侵入防止部分に最適なシートです。 
             壁体内の湿気を外に逃すことで壁体内の結露発生を抑え、断熱材の性能劣化等を防ぎます。
             外気を遮断して壁体の断熱性が向上、住宅の冷暖房効率が向上します。
           
DN7020.JPG 

ラララ~♪

            さぁ~大きな声で歌いましょう!
            鉄腕アトーム♪♬♬♪~(^・^)
DSCN6989.JPG

増さんの家・あっちこっち

            造作家具工事が進む中、細かな作業も進行中です。D698.JPG
             DN6977.JPG
N6997.JPG

狙ってます!

             大田原市にあるイギリスアンティーク家具のお店です。IMG_20160724_124535.jpg             素敵な家具がたくさんあって見て楽しむだけ‥‥目の保養!
             どれもこれも高価すぎて(^・^)
IMG_20160724_125014.jpg
             ちょっと気になったのがこれ!!
             お紅茶をお飲みになられるための銀製品 (^・^)           
IMG_20160724_124959.jpg
             今!欲しくて!狙っているのが銅のやかん!!
             狙ってはいるけど‥‥高いんです(>_<)
             何度も見に行くだけで、いつか誰かのお家へといってしまうんだろうなぁ~
             大田原でのお仕事が終るまで、私を待っていてくれたら、もしかしたら!!
             買っちゃうかもかも??
IMG_20160724_124846.jpg

美原の家・屋根

             お打ち合わせにお邪魔してきましたぁ~
             お絵かきを一緒に楽しんできた私です。絵の具がチョー久しぶりでワクワク(^・^)
             また一緒に遊ぼうね~
DSCN6936.JPG
            現場では!屋根、瓦施工の準備、瓦桟木の取り付け完了です。

N6958.JPG
構造金物の取り付けが終わり、躯体検査へと進みます。
N6950.JPG
              モクモクと黒い雲が‥‥
N6962.JPG

増さんの家・造作

            大工さんの造作家具工事が始まりました~
 
DSCN6840.JPG             お子さんのお部屋の机となるカウンター(^・^)DN6885.JPG 

西の宮のいえ・型枠

             基礎の形にあわせて型枠が施工され、
             型枠にコンクリートを流し込む(打設)工事がおこなわれました。
             金色の棒!!
             基礎とその上に載る土台をつなぎ止めるのが「アンカーボルト」と呼ばれる金具です。
N6851.JPG             型枠の中は、こんな感じです(^・^)
             艶々しているのは、生コンが型枠に付かないようにする油、剥離材が付いているからです。
             型枠の脱枠の際、コンクリートが型枠につかないよう、表面にざらつきが出ないように使用します。
N6847.JPG             ミキサー車から圧送車へと、生コンが流し込まれていきます。DSCN6856.JPG            いよいよ~ぞうさんの鼻からドドドーと!!
            そのお隣では、バイブレータを使い生コンの中に含まれる遊離水や空気を外に出しています。
DSCN6867.JPG            そのお隣では、コテを使い綺麗に仕上げていきます。DSCN6873.JPGD688.JPG

地味な味

             揚げ茄子としその葉を、豚肉でクルクルと棒状に巻いて小麦粉少々まぶして焼く!
             焼きあがったら輪切にしてお皿に並べる!
             生姜をすりおろし、うま味調味料パラパラ~にお醤油かけて完成。
             もの凄ーく地味な味(^・^)
             だけど!いいかもです
             
DSCN6823.JPG

江曽島のいえ・配線

            電気配線の工事中です。
            柱や梁に電気配線を這わせています。
DSCN6773.JPG             電線がブラブラしないようキレイに固定して配線します。


DSCN6776.JPG              壁・天井の断熱材施工が進行中です。
              サッシ取り付け用の窓台ができ、サッシが搬入され着々と進行中です!

DSCN6771.JPGDSCN6769.JPGN6778.JPG
         

いいね!

             素敵な障子です。
             木工のまち鹿沼らしい!
             使ってみたいです!でも‥高いんだろうなぁ~
DSCN6717.JPG

田野の家・基礎工事

            基礎工事が始まってます。
            砕石地業施工中です。
            根切りで掘ったところに砕石を敷き詰め、突き固めることによって地盤の支持力を増大させる工事です。

DSCN6753.JPG             砕石を敷きランマーで突き固めていきます。
             ※ランマーとは、ガソリンエンジンの爆発反力を利用して土・砂利・砕石などを締め固める
             機械のことです。    
DSCN6760.JPG                 通りすぎる職人さんの後ろ姿!
                 ランマーで固まっていく砕石!
                 職人さんの地下足袋ってイイですよね(^・^)私は大好きです❤ 
N6757.JPG              N6766.JPG

西の宮のいえ・打設

             朝一番にJIO(日本住宅保証検査機構)の配筋検査を受けました。
             配筋の配置・径・レベル/配筋の継手の位置・長さ‥‥
             などなど隅々までチェック!
DSCN6723.JPGDSCN6722.JPG             検査は、もちろん合格です(^・^)
             午後からはコンクリート打設です。
DSCN6734.JPG
DSCN6746.JPG               地鎮祭の時にお預かりしていました鎮物、
               納めさせていただきました。
DSCN6733.JPG
DSCN6747.JPG

ご飯のお供

             今年もやってきました~
             みょうが&とうがらしの醤油漬け(^・^)
             大好きなんです❤
DSN6323.JPG
             しかも!げきから!激辛!3456262.JPG             ほんの少し、炊きたてのご飯に~
             んー激辛でした(>_<)とーても!!
             なんか‥夏バテ防止になりそうで、勝手にそう判断をして、汗をかきながら食べちゃうんです。
             納豆・冷奴・冷やしうどんにピッタリ✌
             漬け込みの醤油で野菜炒めも最高~
             辛いもの好きの方はお試し下さい(^・^)食べ過ぎは要注意!
             喉が渇きますよん(~_~;)ビールがすすむ~
             
              
N6387.JPG

西の宮のいえ・配筋

             いよいよ配筋工事が始まりました(^・^)
             配筋は基礎の底にあたる底盤を先に行い、その後、基礎の立ての部分にあたる立上り部分を行います。
             鉄筋と鉄筋は結束線で結んで固定します。

DSCN6708.JPG             お昼過ぎ、西の宮あたりは雨がチラチラと‥‥
             いや!ボツボツと(>_<)
             職人さん、道具が塗れないよう片付け中~
             
DSCN6702.JPG
            
           

美原の家・金物

             筋違い・間柱の設置を行い、平行して構造金物の取付が始まりました。
DSCN6685.JPG             多種多様な金物を適材適所に、建物の強度を高めるために取り付けます。
             ☆ホールダウン金物                  
             1F柱上部と、2F柱下部の接合補強するための金物です。
             見えなくなってしまいますが、たくさんの金物が使われます。       
DSCN6679.JPG              2階の筋交い!
DSCN6687.JPG
             屋根の下地工事も完了~
DSCN6692.JPG
             ルーフィング(屋根を雨水や湿気から守る防水シート)の施工もOK!!
屋根の上にいるのが親方です(^・^)
      
DSCN6674.JPG

案山子

             ちょっとレトロな案山子(^・^)

DN5651.JPG

田野の家・地鎮祭

            快晴の中、「とこしずめのまつり」が執り行われました。
            その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ることです。

            工事の着工前に行うので、安全祈願祭とも言われています。

DSCN6582.JPG
DSCN6559.JPGDSCN6566.JPG               
               お施主様の鍬入れ。
               実際に砂に鍬を3回入れ(えい!えい!えい!)と。
DSCN6623.JPG            玉串奉奠(たまぐしほうてん)。
            玉串とは榊(さかき)の小枝に紙垂(しで)をつけたものです。
            お子様たち、上手に拝礼ができました。
DSCN6634.JPG
DSCN6636.JPG
        鎮物といって土地の神を鎮めるために、土地に納めるものをいただきます。
        基礎工事の途中にしっかりと納めさせていただきます!!
DSCN6628.JPGDSCN6672.JPG
基礎工事 建物の棟上げ等と進み、無事完成お引渡しまで順調に推移できることを、お願い致しました。
W様これからもよろしくお願い致します。

西の宮のいえ・基礎工事

          先週より基礎工事が始まりました。
          掘削(根切り)施工中です。

          建物の外周部・内周部をショベル(ユンボ)などを使い、
            地盤をGLより掘り下げ、平らに仕上げることです。

DSCN6411.JPG
             

            掘削工事後、基礎内部に砕石を敷き込み、基礎が沈まないよう十分にプレート及び

            ランマーで転圧を行い、住宅基礎に必要な地耐力を出します。

            そして!捨てコン工事へと=捨てる生コンです。
            強度を出すためではなく、住宅の外周部や内周部に墨出しを行い、正確に施工するための
            補助的工事です。
            そして!防湿シート工事へと。
            地面から上がる湿気を、住宅に上がらない用にするものです。
            今週は、鉄筋組に入ります(^・^)
           DSCN6.JPG

美原の家・屋根

            昨日の様子です。屋根工事を進めています。

DSCN6548.JPG
            屋根構造の基本は「垂木」「野地板」「ルーフィング」の3つの部材の上に、
            瓦などの屋根材が設置され構成されています。
                      
DSCN6531.JPG
            わ~よちょっと笑える‥‥があったら良かった!
528.JPG
            不安定な天気が続いているため、急ピッチで屋根のルーフィング施工をしています。
            ルーフィングとは、屋根からの雨漏り防止のために野地板の上に敷く防水シート状の建材です。
            防水性を高めるため、シートにアスファルトを染み込ませてある、アスファルトルーフィングです。
DSCN6542.JPG
             
DSCN6546.JPG

美原の家・上棟

             お天気に悩まされた1週間でしたが‥‥
             今朝もちょっと怪しげな空ですが、
             祝 上棟!本日、棟上げを行うことができました。
             
DSCN6417.JPG             始まれば、バタバタと!DSCN6418.JPG             8人の大工さんとクレーンのオペレーターさんとで声を掛け合いながら、          
             次々に部材が組まれ、工事は着々と進んで行きます。DSCN6420.JPG
DSCN6429.JPG
              3時過ぎには、屋根の垂木が!
DSCN6461.JPGN6445.JPGDC6481.JPG
4時頃には、お家のカタチがわかるように(^・^)
DSN6449.JPG
お施主様のお家に使われている、どこか?の木の切れ端です。
年輪を数えてます(^・^)
DSCN6500.JPG
            お家の全景が見渡される特等席☆
            トラックの荷台で、いつもとは違うお遊び中です(^_-)-☆
            そして‥‥夕方には雨がチラホラと‥‥
DSCN6486.JPG

     家内安全、無災害を祈念する幣串(へいぐし)です。
       これからの工事の無事と、今後の建物の安泰を祈願し!
   上棟、おめでとうございます。
          先はまだまだ長いですが、これから竣工に向けてがんばります。

D6506.JPG

美原の家・土台敷き

             大田原の朝、ドシャ降り‥‥からの快晴!
             基礎工事が終了し、いよいよ大工工事が始まります。
             まずは、「土台敷き」を行います。
DSCN6341.JPG             土台は、基礎の上に設置されます。

             基礎の無い箇所は「大引き」を通します。大引きは鋼製束で支えます。

             お昼前、最高の天気☀
             強い日差しとコンクリート基礎の照り返しは想像を超えるものでして、
             そんな中、黙々と作業をする大工さんに感服です!
6343.JPG



DSCN6345.JPG土台を基礎とアンカーボルトでしっかり緊結します。        給水・給湯。排水管の工事もおこなわれました。
土台の下の黒い凸凹は基礎パッキンです。

基礎パッキンは床下の換気を良くすると共に、
基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を

土台に上げない役目があります。

                        

D6351.JPG
N6354.JPG
      午後からは床の断熱材を施工の予定が‥‥空が暗くなり雨がポツリポツリ‥‥
      断熱材が濡れては大変!基礎に水を入れたくない!
      
D6363.JPGDSCN6358.JPG
              
             雨対策へと(>_<)
           
D6366.JPG             今日は、ブルーシートでスッポリと覆われてしまいました(>_<)
             
DN6374.JPG

食べられるかと思った瞬間

                                         私が大切にしているクローバーを荒らすコイツ!!
                   爆睡中です(~_~;)
DSCN6145.JPG               半目開いた状態で寝ている~
               近くに寄っても爆睡。とぼけてる?寝たふり?
               のら猫がたくさんいる中で、一番!態度がデカイ!
DSCN6144.JPG
    やっと起きた(^・^)なかなか可愛い顔してるんです。
DSCN6154.JPG
      不機嫌だと、こんな顔!なんて睨めっこしていた次の瞬間!
ひぇ~

N6149.JPG
           恐ろしい・恐・恐・恐(>_<)
             
DN6151.JPG

西の宮のいえ・遣り方

            フェンスの基礎工事が終わり、いよいよ!大変お待たせしましたが!
            お家の基礎工事が始まります。
            敷地内への、先行配管も完了~
DSCN6276.JPG            遣り方が始まりました。遣り方とは‥‥
            基礎の位置・高さを敷地にあらわすための工程です。 
            設計図の配置図に従い現状敷地を確認し、基準となる境界線からの離れを確認して、
            建築する建物より1mほど外側に木杭を打ち込みます。
            地味で目立たない工事ですが、非常に大切な工程です。 
DSCN6299.JPGDSCN6293.JPG

江曽島のいえ・骨組み

             ブルーシートに覆わられた中で着々と進行中です(^・^)D6266.JPG             構造用金物の取り付けが終わり、筋交いも入りました。
             筋交いは、柱と柱の間に対角線に取りつけられる補強材のことです。
             住宅は地震や台風などの際に横から揺れにさらされます。
             筋交いを取りつけることでねじれを防ぎ、横からからの衝撃にも強くなります。
D6262.JPG            青い空間で(^・^)天井材を取付けるための下地の施工中です。
            野縁といいいます。
      
N6258.JPG

寄り道

             大田原市からの帰り道、ここに寄るのが楽しみです。
             暑い日には最高の場所!
DSCN5616.JPG
             涼しげでしょう~
DN5600.JPG             遠くの紫陽花は咲き終わりですが、ハスが見頃なんです(^・^)
             蕾が好きです❤
CN5642.JPG
DSCN5598.JPGDSCN5289.JPG
             花びらが散ってしまうと、こんな姿に‥‥
             ぞっとする涼しさが~
             でも、ちょっと心に余裕が持てる場所なんでーす(*^^)v
DSN5293.JPG
             1週間前は、紫陽花が満開だったんです(^・^)
             
DSCN5273.JPG
次回はデッカイ観音様とお話でもしてこようかなぁ~
ブログに登場するのは2回めなんです。ポピーが満開の頃に来たことがあります。
ハス池があるのに気づかなかった‥‥
四季折々のお花が楽しめる観音寺です。

DSCN5274.JPG

美原の家・型枠外し

            型枠が外されました。
            ちょっと水が溜まってますが、ご心配なく(^・^)
            固まった後に入り込んでいる水なので、強度的には問題はなく大丈夫です。
            基礎内の水を排出する水抜き穴もあるんですよ~
            打設前に型を仕込んでおき、固まった後に型を外すとできる半円上の穴のことです。
            探してみてくださ~い(^・^)
DSCN6206.JPG            型枠が外れたあと、基礎のバリの部分などグラインダーで削り綺麗に仕上げていきます。

DSCN6212.JPG
            夕方からは、土台を敷くための下準備!
            大工さんによる土台の墨出しがおこなわれました。
            土台の墨出しは、文字通り、、土台を敷く基礎の天端に対して
            それぞれの土台がのるラインをあらかじめ出しておく作業です。

DSCN6222.JPG




N6223.JPGD6248.JPG
             基礎の全景です!
             いよいよ、上棟にむけ大工さんが現場にて本格的に動き出します(^・^)
     
DSCN6242.JPG
             


うどん


             今日も暑かったですね(>_<)
             冷たいものが食べたくなります!
             サッパリとサラダうどん~
             トッピングは、小女子と油揚げを、とうがらしとごま油でカリカリに炒めお醤油少々‥
             ポン酢や胡麻たれ、好みの味でぶっかけうどん(^・^)
DSCN6181.JPG             私はラー油をいっぱいで食べて、残りわずかになったら味を変え酢いっぱいで(^・^)
             冷たくて辛くて‥‥サッパリもするけど、汗が出るほど辛いうどんになってしまった~
            
DSCN6182.JPG

増さんの家・進行中

            サッシ廻りのシーリング工事が完了~!
            外壁とサッシの隙間を埋める工事で、水密性・気密性を確保するために必要とされます。
            はじめはマヨネーズ状になっているシールを注入していき、時間がたつとゴム状に固まっていきます。
DSCN6170.JPG
          2階の壁下地張りが、もう少しで終ります。DSCN6163.JPG             DSCN6166.JPG

美原の家・加工

            作業場にて垂木(たるき)の加工が始まりました。
            垂木とは~屋根板を支えるための材料です。
            z_yane_tohshizu.gif

DN6162.JPG

江曽島のいえ・上棟

             本日、上棟いたしました(^・^)
             朝一、よーし始めるぞ!の直前です!
DN5964.JPGDSCN5998.JPG
DSCN5973.JPG
DSCN5993.JPG
            10時頃で~す。7人の大工さんが頑張ってます。
DSCN6051.JPG             昼過ぎには、屋根の形がわかるようになってきました。D6073.JPG              夕方には!屋根も完成~N6112.JPG             ルーフィングの施工も完了です。
             住宅の屋根を雨水や湿気から守る防水シートです。
             屋根材の下に浸透してきた雨水を防ぐ役割を持つのがルーフィングです。 
N6135.JPG             本日は、おめでとうございます(^・^)
             気を引き締め職人一同、がんばります!
             
CN6124.JPG


          
          
        
             


            気分がのらない天気‥‥
            こんな日に!梅雨時には、やっぱり紫陽花です(^・^)
N5916.JPG
             カゴの中にドサッと入れただけです。
             地味で暗い気持ちになりそうだけど、やっぱりお花には癒されます。
             
N5917.JPG
             まだまだ七変化する紫陽花を眺めて、梅雨時を乗り切ろう~!!
CN5885.JPG

長田の家・地盤補強

             新築工事が始まる前に!
             住宅をしっかり支持できる地盤であるかどうか地盤調査を必ず行います。
             今回は、調査の結果‥‥地盤補強工事を行う事に(>_<)
             住宅の荷重に地盤が耐えられるようしっかりとした地盤にする為には大変重要な工事です!!          
DSCN5837.JPG            鋼管製の杭を強い地盤まで打ち込む工法で行われました。
            住宅の荷重を鋼管杭を介して強固な地盤に伝えることによって、支持力の確保と、
            沈下の抑制を 図る工事です。
DN5847.JPG            33本の鋼管杭を打ち込みます!!
CN5852.JPG
CN5854.JPG             打ち込まれた鋼管杭です。

DN5850.JPG
           雨の中、無言でしっかり働いている~(^・^)
CN5846.JPGCN5855.JPG

茄子三昧

            茄子!!!試作品~

DSCN5743.JPG
胡麻ご飯の上に、揚げ茄子とシソ。
ポン酢で!                                胡麻ご飯の上に、揚げ茄子とトマトにクリームチーズ。
                                       塩コショーにオリーブオイルで!     
DSCN5731.JPGDSCN5728.JPG胡麻ご飯の上に和からしにだし醤油とごま油で!                                                                                                                           おまけ~毎日食べてる小さい茄子の漬物をのせて!
DSCN5729.JPGDSCN5716.JPG
ひとくち手まり寿司でした(^・^)
SCN5741.JPG
ごまご飯の上に、輪切の揚げ茄子。           
シソとポン酢で!

増さんの家・板張り

             玄関の板張りが施工完了~(^・^)
DSCN5829.JPG            一枚一枚、微妙に色・木目に違いがあるのわかりますか‥    
DSCN5831.JPG

美原の家・型枠

            型枠組が始まりました。
            大田原は今週、雨が降ったりやんだりで、天気に悩まされた週でして‥
            少ない雨ですが、やっぱり梅雨時期なんですね(>_<)           
IMG_0079.JPG

             土台の載る場所や柱の立つ場所など、住宅の重みの掛かる場所に立ち上がり基礎が必要です。
             その為、立ち上がり基礎の出来る部分に、型枠を組み・固定します。

              IMG_0080.JPGIMG_0081.JPG

西宮のいえ・生コン

             ミキサー車が到着!エッチラと生コンを人力で運んでます。
DSCN5799.JPG             コテで仕上げていきます。
DSCN5814.JPGDSCN5816.JPG             気がつきましたか?タコさんウインナーがいたの(^・^)
             お隣さんから舞い降りて型枠の中にいたんです。
             コンクリートに埋められてしまうのが可哀想で、現場監督を任命!
N5781.JPG
上を見上げるとお花が咲いてました。             お花からこんな形へと成長(^・^)
根性があれば!立派な姿になれる!             お尻が大きくなってる~
                                      いちじくでーす(^・^)
CN5797.JPGDN5788.JPG


増さんの家・壁下地

             壁の下地(石膏ボード)張りが始まりました。

DN5689.JPG             さぁ~ここは、どのお部屋でしょう??(^・^)??
             
N5702.JPG            ガルバリウムの外壁に、一部分だけ木を貼ります。
            お施主様に塗装していただいた、ウエスタンレッドシダーを並べて悩んでみました。
            1本1本、色の濃淡・木目にバラつきがあるので、バランスよく施工できるように(^・^)
            微妙な色・木目の違いを活かすことで、味わいのある仕上がりになるでしょう~
                  
            
N5676.JPG

西宮のいえ・鉄筋

             外構工事(フェンス)着々と!
             ここ、涼しいんです。黒竹が風に揺られサワサワ~と(^・^)
             型枠の中覗くと‥‥
DSCN5652.JPG             鉄筋が組まれています。
             次はコンクリートの流し込みになります。小さな基礎工事
             で!!蚊の大群にボコボコにされてしまった~
             涼しいけど、虫除けが必需品ですよ(^_^;)
DSCN5658.JPG

素敵~

             5月に竣工しました「的場のいえ」施主様がお写真を送ってくださいました(^・^)
             どの写真も素敵過ぎて感動~家具・インテリア雑貨など全てがカッコよくて
             海外のお住まい拝見みたいで、ワクワクししゃいました。
             お写真、ありごとうございます!             
             ちょっとだけ、ご紹介しちゃいます。      
IMG_2701.jpgIMG_2638.jpgIMG_2613.jpg             延期になっておりますオープンハウスも、日程は未定ですが、
             予約制にて開催させていただく予定です。
             開催時には是非、素敵な空間でうっとりっとしていただければ(^・^)IMG_2673.jpg

仕込み

                                       旬の果実を使った果実酒(^・^)
                 簡単にできちゃう漬け込み酒!
                 素材の味・色・香りを美味しくいただけるのは、まだまだ~
                 
DSCN5514.JPG             漬け込んだ果実ちょっと不気味です(^_^.)
      梅に見えますがしどみです。                キャビアではありません!
                                        ブラックベリーです(^・^)
DSCN5357.JPGDN5474.JPG

増さんの家・木工事

            大工さんが中心になって住宅の骨組みを木材で造っていくのが木工事です。
            土台、柱、梁、桁、小屋組み、敷居、鴨居、床下地張りなど、加工された木材を、
            それぞれの場所に適切にはめ込んでいき、家を形づくっていきます。
            木工事は長~い期間、現場での作業が続きます。
CN5497.JPG
            木材を切って削って加工して取り付けて~と、細かな下地施工が進んでいます。
            目に見えなくなってしまう部分の施工もしっかりと(^・^)
            お化粧の下地と一緒!お化粧をほとんどしない私が言うのもどうかと思うけど‥‥
            お化粧の下地は、ファンデーションのノリを良くするだけではなく、お肌を保護する役目もある
         下地って重要だぁ~ですよね(^・^)             
CN5502.JPG

美原の家・養生中

            基礎の底盤部分のコンクリート打設を完了し、只今、養生中です!
DSCN5455.JPG
           
     
N5456.JPG

            外構工事が始まりました。
            既存の積み上げられた大谷石を使い、しっかりとした土台を造っていきます。
     
N5450.JPG            ガッチリ型の職人さんにジャストフィットの小さなショベルカー(^・^)
            私も一度でいいから、ガーコンガーコンと操縦してみたい!
            
N5454.JPG

目で耳で~

            今日も暑かったですね(>_<)
            ちょっと涼しくなれる、お屋敷へとGO!!
DSCN5415.JPG
            季節によって趣が違うので、春・夏・秋・冬と、
            ここを訪れるのは4度めとなります。          
DSCN5380.JPG
            右隅にいる彼女‥‥DSCN5372.JPG             仏壇もあり‥‥見ているだけでヒヤッと涼しげでしょ~(怖)N5373.JPG             どこからでも風が抜けて涼しいんですよ!

DSCN5381.JPG 
             こんな粋まで!!
DSCN5388.JPGDSCN5390.JPGDSCN5394.JPG
             葉っぱの模様が綺麗に出ています。凄い!
             涼しげに見えますよね~
             
DSCN5396.JPG
             シーンと静まり返った空間にカコーンと鹿威し(ししおどし)音が響いてきます。         
             その響きには、日本の風情を感じますよね!涼しさも!! 
DSCN5397.JPG                リ-ンと 風鈴の音も聞こえてきます。
                癒しと涼を感じれる自然の音(^・^)
                見て聴いて、暑さを感じさせない日本家屋って最高です。
                
DSCN5420.JPG

初めて見た!

             お花を1本、買いました!
DSCN5119.JPG
             黄色い紫陽花です(^・^)
             
DSCN5339.JPG
           
             


美原の家・打設

            ベース生コン打設が行われました。
            基礎範囲に生コンを流し込み、水平に仕上げます。
            ミキサー車から圧送車へ生コンを移し圧送車からポンプを使用してコンクリートを打設していきます。
CN5200.JPG             ぞうの鼻!から勢いよく生コンが!!DN5237.JPG            生コンクリートに「バイブレータ」と呼ばれる機械で振動を与え、内部の気泡を抜いていきます。
            その隣で、コンクリートの表面を平滑に仕上げる作業(均し作業)が行われていきます。 
CN5209.JPG

             生コンが充分に行き渡ったら、トンボ掛けのような道具で「タッピング」という作業

             コンクリートを優しく(^・^)叩きながら締め固め!!)を行い、

             表面が平滑になるように整えていきます。 
             徐々に平滑になっていきます~
             
SCN5210.JPG             狭い隅の部分や複雑な部分は、熟練の職人さんの手によって丁寧に作業されます。
CN5221.JPG             5人のNiceなチームワーク
             それぞれ作業を分担して手際よく作業が進んでいきます。DN5249.JPGSCN5219.JPG
            

増さんの家・コツコツと

            コツコツと!細かな作業が続いてます(^・^)
            壁の下地を貼る前に、壁の厚みを利用した、埋め込み式の収納をつくってます。
CN5102.JPG
DN5101.JPG

            
            
            
DSCN5049.JPG
            シャキーンと真新しい障子紙、気持ちがいいです!!
            障子からの柔らかい光、癒されますよね~
N5156.JPG
             無垢の床を使ったモダンなスタイルの中にあっても、しっくりとなじむシンプルな
             デザインで素敵です(^・^)
CN5139.JPG
            ん?黒い皮?なーんだ??            
DSCN5137.JPG
            

幕田のいえ・お引渡し

            本日、お引渡しをさせていただきました。
            リノベーション物件、素敵に大変身しました(^・^)
            竣工写真は後日~
N5003.JPG
             チラッと、たねあかし(^・^)
             あの組子!玄関の壁に飾られました。真っ白な壁にピッタリ!
             いいですねぇ~                         
N5001.JPG
 
            下駄箱の上にある?だった小さな格子窓は‥‥ 
DSCN5007.JPG   ポスト!!!郵便物が入ると‥‥               格子の窓を開けて郵便物が出てくるしくみ(^・^)
N5099.JPG            
DSCN5098.JPGのサムネール画像
              ポスト受け口が開くと、ほんのりと明かりが漏れてきます。
DSCN5009.JPG